【スポンサーリンク】

ザック・ラビーンがトレードの噂について「外野のノイズ」

ザック・ラビーンがトレードの噂について「外野のノイズ」

シカゴ・ブルズのNBAオールスター、ザック・ラビーンには、トレードの噂が浮上している。

ブルズは現在14勝18敗でイースタン・カンファレンス11位。

ラビーンはブルズの現状に不満を持ち、トレードを要求する可能性があるとされているが、ラビーンがトレードの噂に言及した模様。

ラビーンによると、チームメイトたちとは良好な関係を築いており、ラビーン自身はトレードの噂に耳を傾けていないという。ラビーンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(トレードの噂は)外野のノイズに過ぎない。

僕たちはすごく仲が良いチームさ。

僕がその報道を考え出したわけではない。

僕の口から出たことではない。

デマー(・デローザン)の口から出たことでもない。

ニコラ・ブーチェビッチかの口から出たことでもないんだ。

ブルズは現地2月9日のトレード期限までに成績が改善しなければ、ラビーン、デローザン、ブーチェビッチのビッグ3体制を解体すると噂されている。

トレード期限までさまざまな噂や憶測が出るだろうが、ブルズの選手たちは白星を積み重ね、トレードの噂を払拭するだろう。

なお、ラビーンにはロサンゼルス・レイカーズなど多くのNBAチームが関心を持ち、状況をモニターしていると報じられている。

【スポンサーリンク】

コメントを残す