【スポンサーリンク】

パトリック・ベバリーがネッツ戦を振り返り「鍵は僕だった」

パトリック・ベバリーがネッツ戦を振り返り「鍵は僕だった」

ロサンゼルス・レイカーズは現地13日にブルックリン・ネッツを下し、連敗を5で止めた。

この日のレイカーズはタフなディフェンスを展開し、ネッツを103点に抑えることに成功したわけだが、NBA屈指のディフェンダーであるパトリック・ベバリーは、自身を勝利の最大の貢献者だったと考えているようだ。

ベバリーはレイカーズがディフェンスで成功した理由について質問されると、次のよう答えたという。lakersnation.comが伝えている。

僕がKD(ケビン・デュラント)はガードしたことだ。

君たちは見ていなかったのか?

最初からそれが鍵だった。

僕がトーンをセットし、チームがそれに応えたのさ。

クリッパーズ戦は十分ではなかったが、ポール・ジョージに対するゲームプランは本当に良かった。

それに僕たちは(サクラメント・キングスに)勝つべきだった。

今日はKDにマッチアップするところから始まった。

僕はこのようなマッチアップが大好きなんだ。

そうやってNBAで名を揚げてきた。

だが、チームメイトたちがものすごく助けてくれた。

ひとりで彼をガードするのではない。

AD(アンソニー・デイビス)が後ろにいてくれたし、僕たちは彼にダブルチームを仕掛けるなどすべてを尽くしたんだ。

これで外に出掛けることができる。

いつも批判を浴びていると、家の中で過ごさなければならない。

だから外に出掛け、レストランに行き、短いオフを楽しめるのは幸運だ。

ベバリーはこれまで何度もデュラントにマッチアップし、苦しめてきた。

その自負があるからこそ、この強気の発言につながったのだろう。

ベバリーが残りのシーズンを通してディフェンスのトーンをセットし、レイカーズに勝利をもたらすのを期待したいところだ。

なお、ネッツ戦のベバリーのスタッツは以下の通りとなっている。

ネッツ戦
出場時間25:32
得点2
リバウンド4
アシスト5
スティール0
ブロックショット1
ターンオーバー1
FG成功率20.0%
(1/5)
3P成功率0%
(0/4)
フリースロー成功率
+/-+8

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA