【スポンサーリンク】

ポール・ピアースが不調カイル・ラウリーに「ベンチ出場が適している」

ポール・ピアースが不調カイル・ラウリーに「ベンチ出場が適している」

マイアミ・ヒートは今季7試合を終えた時点で2勝5敗にとどまっている。

その要因のひとつとされているのは、ベテランポイントガードのカイル・ラウリーだ。

ラウリーはトロント・ラプターズをフランチャイズ初となるNBAチャンピオンに導いた偉大なポイントガードだが、現在36歳ということもあり、衰えが見え始めている。

NBAレジェンドのピアースによると、ヒートが勝利のチームになるためにはラウリーをスターターから外し、若くエネルギッシュな若手をスターターに抜擢すべきだという。

ピアースはラウリーについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

正直に話すが、チャンピオンシップチームにおける彼のベストの役割は、ベンチから出場するベテランガードのポジションだと思う。

ガードのポジションには若さが必要なんじゃないかな。

ジャ・モラントやラメロ・ボールのような男を見てくれ。

若さが必要なんだ。

彼にはベンチ出場が最も適していると思う。

彼はベテランガードであり、試合終盤にも使える選手さ。

ロサンゼルス・レイカーズはNBAスターのラッセル・ウェストブルックをスターターから外し、シックスマンとして起用する決断を下した。

ウェストブルックは新たな役割を受け入れ、レイカーズの勝利に貢献したわけだが、もしヒートが十分な戦いを見せることができないなら、ラウリーのベンチ起用を検討する価値はあるだろう。

なお、ラウリーにはレイカーズへのトレードの噂が一時出ていたが、ウェストブルックがシックスマンの役割を受け入れたことにより、少なくともレイカーズがラウリー獲得に動くことはないと見られている。

ラウリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数71030
平均出場時間34.031.9
平均得点12.414.8
平均リバウンド3.74.4
平均アシスト5.36.3
平均スティール1.61.3
平均ターンオーバー1.92.4
FG成功率35.4%42.4%
3P成功率34.1%36.8%
フリースロー成功率89.7%81.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA