【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「僕は生涯ブレイザー」

デイミアン・リラード「僕は生涯ブレイザー」

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードには、一時トレードの噂が浮上していた。

ブレイザーズがNBAプレイオフを勝ち進めないことに不満を感じたリラードは、NBAタイトルコンテンダーへのトレードを望んでいると噂されたが、リラードはそのたびに否定。

その過程を通し、リラードはブレイザーズへの愛をますます深めているのかもしれない。

リラードは自身とブレイザーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は生涯ブレイザーでいるつもりさ。

人々が「君は(ブレイザーズを)出て行くべきだ。これをすべきだ。あれをすべきだ」と言うのを聞いてきた。

だが、僕は他人の音頭に合わせて歩くようなタイプの人間ではないんだ。

僕は自分に最も利益になること、心の中で感じていることをやっていくつもりだ。

これまでいろんな場面でそう言ってきたが、彼らはそれを「彼には忠誠心がある。それこそ忠誠心だ」などと言っているよね。

僕はもともと忠誠心がある男であり、組織に対して忠誠心を持っている。

だが、彼らが話している忠誠心は、最終的に僕という人間に対するものだ。

僕は自分が何者であるかということに忠実であり、自分が信じていることを信じているのさ。

僕なら(NBAタイトル獲得を)達成できると思う。

皆は「ブレイザーズが優勝することはない。彼らはあれをしなければならない。彼らはこれをしなければならない」と言うかもしれないね。

だが、僕はそう感じていない。

僕たちには優勝するチャンスがあると思っている。

その瞬間は来ると思っている。

そのチャンスは来ると思っている。

そういうことだ。

ブレイザーズはこのオフシーズン中にジェラミ・グラントやゲイリー・ペイトンⅡの獲得に成功した。

とはいえ、ロスターを大幅にアップグレードしたわけではなく、ブレイザーズに対する期待値は決して高くない。

だが、リラードはどんな時もブレイザーズを牽引し続け、チームを引き上げるためにあらゆる手段を尽くすに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    忠誠心あるなら守備向上して欲しかった

*

CAPTCHA