【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビールがウィザーズとの契約理由を明かす「僕が望むようなチームはなかった」

ブラッドリー・ビールがウィザーズとの契約理由を明かす「僕が望むようなチームはなかった」

NBA屈指のスコアラーであるブラッドリー・ビールは、ワシントン・ウィザーズと5年2億5100万ドルの大型契約を結んだ。

ウィザーズがNBAプレイオフに進出したのはここ4年で1度のみであり、NBAタイトルを切望しているビールには他チーム移籍の噂が出ていた。

だが、ビールによると、彼が望むようなチームがマーケットにはなかったという。

元NBA選手のギルバート・アリーナスのポッドキャストにゲスト出演したビールはウィザーズとの再契約理由について質問されると、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

フリーエージェンシー的に見て、マーケットにはチームがなかった。

正直に言うよ。

「僕は優勝できる」と思えるような場所がなかった。

戦略的に見て、僕が望むようなチームはなかったんだ。

この2年間の僕は、よりファシリテーターになるために自分のゲームを変化させなければならなかった。

クレイジーだった。

調整しなければならなかった。

なぜなら、君たちも知っての通り、僕はスコアラーだからね。

僕はスコアリングすることで金をもらっている。

僕の仕事はスコアボードを動かすことだ。

だから、この2年間はチームメイトたちを信頼することを理解し、学ばなければならなかった。

大きな調整が必要だった。

信頼と信念は長い道のりだ。

ビールによると、今もスコアラーとしての働きを求められているが、それと同時にカイル・クーズマクリスタプス・ポルジンギスを活かすプレイも学ばなければならないという。

ウィザーズは現在11勝12敗でイースタン・カンファレンス10位。

安定して勝てない状況が続いているが、ビールがチームメイトたちを完全に理解し、ファシリテーターとして覚醒することができれば、ウィザーズはNBAプレイオフ進出に近づくに違いない。

なお、ビールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数17662
平均出場時間36.934.8
平均得点24.122.1
平均リバウンド3.94.1
平均アシスト5.74.2
平均スティール1.21.1
平均ターンオーバー3.02.4
FG成功率52.0%45.8%
3P成功率35.2%37.2%
フリースロー成功率87.3%82.2%

【スポンサーリンク】

コメントを残す