【スポンサーリンク】

レイカーズは現在のロスターを維持?

レイカーズは現在のロスターを維持?

ロサンゼルス・レイカーズは現地2月9日のトレード期限までにロスターを調整すると見られている。

だが、ここ最近のレイカーズは持ち直しつつあるため、レイカーズのフロントオフィスはトレード市場で積極的に動こうとしていないのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、レイカーズのフロントオフィスは急いでロスターを調整する必要はないと感じており、レイカーズ側から積極的にトレードオファーを出すのではなく、他からの電話をただ待っている状態だという。

レイカーズは先日、ニューヨーク・ニックスと3チーム間トレードを交渉したと報じられた。

また、デマー・デローザンとニコラ・ブーチェビッチのトレードをシカゴ・ブルズと交渉したと報じられたが、いずれの交渉も進展していないとされている。

レイカーズはレブロン・ジェイムスをサポートできるボールハンドラーを探していると噂されていた。

だが、ラッセル・ウェストブルックがセカンドユニットで機能し、デニス・シュルーダーが復帰したことにより、ボールハンドラーの問題を解決できると感じているという。

とはいえ、レイカーズがロスターに手を入れるか否かはトレード期限までのパフォーマンス次第となりそうだ。

【スポンサーリンク】

コメントを残す