【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビスがレイカーズの現状について「切迫した感じがある」

アンソニー・デイビスがレイカーズの現状について「切迫した感じがある」

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは今季開幕前、「2連勝でシーズンをスタートする。そのマインドで臨む」と意気込みを語っていた。

だが、レイカーズは開幕3連敗中であり、多くのファンはレイカーズのパフォーマンスに不満を感じている。

デイビスによると、レイカーズのロッカールームにはある種の切迫感が漂っているものの、冷静に対処しなければならないという。

デイビスは現地25日のチーム練習後、レイカーズについて次のようにコメント。bleacherreport.comが伝えている。

僕たちはこれらの逆境が優位に働くと思っている。

3月や4月ではなく、10月にこの状態なのは幸いだ。

だが、僕たちはショットを決め、今のディフェンスを続け、水曜日と金曜日に勝ちにいかなければならない。

僕たちは引き続き互いを学んでいく。

良い点はディフェンスだ。

ディフェンスではリーグ3位だ。

ディフェンスのカテゴリではすべてトップ10に入っている。

プッシュし続けなければならない。

謙虚な姿勢で前に進む。

そのマインドを持ち、明日デンバーで勝利を掴むんだ。

切迫した感じがあるのは間違いない。

この穴を大きくしたくない。

だが、僕たちは冷静に対処し続けなければならない。

動揺したり、不満をぶちまけたりしてはダメだ。

12連勝した時と同じように、ハイになりすぎてはならない。

レイカーズのディフェンスは、昨季と比較すると確実に改善している。

だが、アウトサイドシュートは壊滅的であり、3試合終えた時点での3P成功率はNBAワーストの21.2%、平均得点はNBAワースト2位の103.3点だ。

果たしてレイカーズはナゲッツ戦で今季初勝利を挙げ、自信を取り戻すことができるだろうか?

なお、ラッセル・ウェストブルックのナゲッツ戦のステータスは、ハムストリングの痛みにより「クエスチョナブル」となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA