【スポンサーリンク】

2018年NBAドラフト22位選手のチャンドラー・ハッチソン

2018年NBAドラフト22位選手のチャンドラー・ハッチソン

2018年のNBAドラフト22位でシカゴ・ブルズに入団したチャンドラー・ハッチソンが、26歳という若さで現役を引退する決断を下した模様。

ハッチソンが所属するGリーグチームのスーフォールズ・スカイフォースは、ウェイン・スチュワートと契約し、ハッチソンが引退することを発表した。

ハッチソンはNBAキャリア4年を通してブルズ、ワシントン・ウィザーズ、フェニックス・サンズでプレイ。

だが、今年1月にウェイブされると、その後はGリーグでプレイしていた。

なお、ハッチソンはインスタグラムのストーリーを通し、「個人的な理由により、バスケットボールをプレイすることから離れる決断を下した。僕の未来にとって何が最善かを見極めることにした」などとし、現役引退の具体的な理由については明かさなかった。

なお、ハッチソンのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
出場試合数103
平均出場時間17.4
平均得点5.4
平均リバウンド3.7
平均アシスト0.8
平均スティール0.6
平均ターンオーバー0.7
FG成功率44.2%
3P成功率30.9%
フリースロー成功率64.3%

【スポンサーリンク】

コメントを残す