【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがカイリー・アービングの言動について「多くの人々に害をもたらしたことを理解してほしい」

レブロン・ジェイムスがカイリー・アービングの言動について「多くの人々に害をもたらしたことを理解してほしい」

ブルックリン・ネッツのNBAスター、カイリー・アービングは先日、自身の言動を省み、謝罪文をリリースした。

だが、アービングとエンドースメント契約を結んでいるナイキがアービングとの関係を停止するなど、大きな影響は今も続いている。

この件について、クリーブランド・キャバリアーズをともにNBAチャンピオンに導いたレブロン・ジェイムスが言及した模様。

ジェイムスによると、アービングへの愛は今もあるものの、今回の言動については受け入れることができないという。ジェイムスのコメントをLos Angeles Timesが伝えている。

肌の色や背の高さ、立場は関係ない。

人を傷つけるような宣伝や呼びかけ、発言については、僕は尊重しない。

僕は認めない。

これだけは言える。

シンプルなことだ。

僕個人としては、いかなるヘイトも容認しない。

ユダヤ人コミュニティ、黒人コミュニティ、アジア人コミュニティ。

どの人種に対してもだ。

(解決のためにアービングがどうすればいいのか)僕には分からない。

結局の所、カイリーは自分を持っている人間だ。

彼はメディアの前で立ち上がり、話をするだろう。

彼は素晴らしい男さ。

僕は彼のことが大好きだ。

彼はもう子供ではない。

30歳だ。

彼がどの方向に行こうとしているのかは分からない。

だが、彼は謝罪した。

彼の言動がたくさんの人々を傷つけてしまったことを、彼には理解してほしい。

僕たち人間は完璧ではない。

だが、彼の言動が多くの人々に害をもたらしたことを理解してほしい。

僕はこの件にあまり関わってこなかった。

しかし、誰かを傷つけたことは理解できる。

常識だ。

NBAファンの中には、「アービングのNBAキャリアは終わった」と指摘する者も少なくない。

今回の問題はそれほど根深く、アービングにはますます厳しい目が向けられるだろう。

かつての相棒の発言を受け、果たしてアービングはどう動くのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA