【スポンサーリンク】

パトリック・ユーイング「ラストダンスは見ない」

パトリック・ユーイング「ラストダンスは見ない」

“バスケットボールの神様”マイケル・ジョーダンは、シカゴ・ブルズに多くの栄光をもたらした。

だが、ブルズを相手にしたチームにとってジョーダンはまさしく悪夢のような存在だったことだろう。

ジョーダンのドキュメンタリーシリーズ「ラストダンス」の公開を受け、当時の悪夢が呼び起こされたひとりが、ニューヨーク・ニックスのレジェンドであるパトリック・ユーイングだ。

ユーイングはラストダンスとジョーダンについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

私はあらゆるバトルを通して生き抜かなければならなかった。

私はあのドキュメンタリーで当時を思い知らされている。

少し見たよ。

少しだけ見てテレビを消し、他のことをやった。

私はあの戦いの中で生きていたから、見る必要はない。

彼が偉大だということは知っているからね。

当時のニックスはリーグ屈指の強豪チームだったが、ジョーダン率いるブルズ相手に1990-91シーズンのプレイオフファーストラウンドで0勝3敗、1991-92シーズンのカンファレンスセミファイナルで2勝4敗、1995-96シーズンのカンファレンスセミファイナルで1勝4敗と、常に苦汁をなめさせられていた。

ユーイングはもちろんニックスにとってもジョーダン率いるブルズは悪夢のような存在だったことだろう。

ユーイングにとっては辛い経験でもあり、トラウマとなってしまっているのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA