【スポンサーリンク】

ライアン・ホリンズ「セルティックスはレブロン・ジェイムスをソフトと見ていた」

ライアン・ホリンズ「セルティックスはレブロン・ジェイムスをソフトと見ていた」

レブロン・ジェイムス、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュを擁したマイアミ・ヒートは、2011-12シーズンのプレイオフカンファレンスファイナルでボストン・セルティックスを4勝3敗で下すと、NBAファイナルでオクラホマシティ・サンダーに4勝1敗で勝利し、悲願のタイトル獲得を達成した。

その前年はファイナルに進出したものの、ダラス・マーベリックスに敗れ、不甲斐ないパフォーマンスに終わったジェイムスに批判が集中。

特にクラッチタイムのパフォーマンスに批判が集まったが、セルティックスはそのイメージを強く持ちすぎていたのかもしれない。

元セルティックスのライアン・ホリンズによると、ポール・ピアースをはじめとしたセルティックスの選手たちはジェイムスのことをソフトと見ていたという。

ホリンズは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

我々はレブロンのことをソフトと見ていた。

第4Qで彼が覚醒することはないと思っていたし、彼は本物の男ではないと思っていた。

タフな状況になると、彼はプレイを成功させられなくなると思っていたんだ。

一方、ポールはクラッチタイムに自分のショットを決めるのを得意としていたのさ。

その後、ジェイムスはクラッチタイムで数々のビッグプレイを成功させ、かつての批判を覆してみせた。

ジェイムスを甘く見ていたセルティックスが、クラッチタイムのジェイムスを覚醒させてしまったのかもしれない。

なお、当時のセルティックスとのシリーズにおけるジェイムスのスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦第6戦第7戦
出場時間43:5347:3943:1848:0645:2044:4947:32
得点32343429304531
リバウンド131086131512
アシスト3753252
スティール1121201
ブロック3121101
ターンオーバー3137343
ファウル数2246130
FG成功率59.135.061.548.044.073.142.9
3P成功率0%33.3%25.0%33.3%33.3%50.0%20.0%
FT成功率66.7%75.0%20.0%50.0%75.0%55.6%70.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA