【スポンサーリンク】

ゴーラン・ドラギッチ「ネッツでは個人のパフォーマンスのほうが重要だった」

ゴーラン・ドラギッチ「ネッツでは個人のパフォーマンスのほうが重要だった」

ベテランポイントガードのゴーラン・ドラギッチは先日、シカゴ・ブルズと契約した。

昨季途中にスティーブ・ナッシュHC指揮するブルックリン・ネッツに移籍したものの、十分に貢献することができずにいたドラギッチ。

ドラギッチは詳しく語らなかったが、ネッツではチームバスケットボールではなく個人のパフォーマンスが重視されていたため、真価を発揮するのが難しかったという。ドラギッチのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

僕はケビン・デュラントやカイリー・アービングのようなスターたちと一緒にプレイした。

本当に難しかったと認めざるを得ない。

なぜなら、(ネッツでは)チームではなく個人のパフォーマンスがより重要だったからね。

ナッシュHCはデュラントやアービング、ジェイムス・ハーデンといったNBAスターたちに長い出場時間を与える傾向にある。

ハーデン離脱以降はデュラントとアービングが主なボールハンドラーになったわけだが、ドラギッチは個人の力によるバスケットボールに不満を限界を感じていたのかもしれない。

ネッツにとって昨季が期待外れのシーズンだったのは間違いないが、ナッシュHCにはチームバスケットボールに焦点を置き、新たなネッツを牽引してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA