【スポンサーリンク】

ロケッツがエリック・ゴードンに対するトレードオファーを拒否?

ロケッツがエリック・ゴードンに対するトレードオファーを拒否?

ヒューストン・ロケッツのベテランガード、エリック・ゴードンには、トレードの噂が浮上している。

若手中心に再建中のロケッツはベテランのゴードンをトレードで放出し、NBAドラフト指名権獲得を狙っていると報じられていたが、ロケッツは今もゴードンを重要な選手のひとりと評価しているのかもしれない。

The Houston Chronicleによると、ゴードンのトレードについてフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、マイアミ・ヒート、ミルウォーキー・バックス、フェニックス・サンズ、ロサンゼルス・レイカーズから問い合わせがあったものの、ロケッツはすべてのトレードオファーを拒否しているという。

一方、当のゴードンは次のように語っている。

僕はビジネスがどのようなものなのか分かっている。

何が起こるか分からない。

僕が気にすべきことは、僕がどんなバスケットボールをプレイするかということだ。

どうなるか見てみるよ。

このビジネスにおいてはどんなことでも起こり得るんだ。

ロケッツはゴードンのリーダーシップを高く評価し、コート上だけでなくロッカールームでも大きな存在として見ている。

また、ゴードンの弟イーロン・ゴードンがロケッツの一員としてNBAサマーリーグに参加していることも、兄エリック・ゴードンがロケッツに残留する大きな理由となるかもしれない。

なお、エリック・ゴードンは弟イーロン・ゴードンについて次のように語っている。

彼がロスターにいるということは、僕にとって間違いなく大きな意味がある。

素晴らしいことだ。

彼は僕と一緒にトレーニングしてきた。

彼ら(ロケッツ)は彼を気に入るだろう。

彼がプレイできることを願っている。

なお、ゴードンの契約はあと2年残っており、2年目は部分保証となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA