【スポンサーリンク】

ラプターズが3チーム間トレードでヤコブ・ポートル獲得を狙う?

ラプターズが3チーム間トレードでヤコブ・ポートル獲得を狙う?

現在21勝27敗、イースタン・カンファレンス11位と低迷しているトロント・ラプターズは、現地2月9日のトレード期限までにビッグマン獲得に動くと見られている。

1日も早くインサイドを補強したいラプターズは、サンアントニオ・スパーズに積極的にアプローチしている模様。

spurstalk.comによると、ラプターズはゲイリー・トレントJrをトレードパッケージに含め、もう1チームを巻き込んだ3チーム間トレードでヤコブ・ポートル獲得を狙っているという。

スパーズはポートルのトレードの見返りとしてNBAドラフト1巡目指名権2つを要求すると見られている。

スパーズがこの条件を譲ることはないとされているため、ラプターズは3チーム間トレードで条件を満たす方法を見つけ出したいところだろう。

また、ポートルには昨季NBAファイナリストのボストン・セルティックスやニューオーリンズ・ペリカンズ、ポートランド・トレイルブレイザーズも関心を持っており、スパーズに接触していると報じられている。

その他ゴールデンステイト・ウォリアーズやダラス・マーベリックスもポートルに関心を持っているという。

なお、ロサンゼルス・レイカーズもラッセル・ウェストブルックをトレード要員としてポートル獲得を狙うと噂されていたが、現地23日のトレードで八村塁を獲得したため、ジョシュ・リチャードソンとダグ・マクダーモットにターゲットを変える可能性がある。

ポートルはFAになるこの夏に4年8000万ドル以上の契約を望んでいるというが、果たしてどのNBAチームがポートルを獲得するのだろうか?

ポートルの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数37453
平均出場時間26.320.7
平均得点12.27.7
平均リバウンド9.3
(キャリアハイタイ)
6.3
平均アシスト2.9
(キャリアハイ)
1.6
平均スティール0.8
(キャリアハイ)
0.5
平均ブロックショット1.21.3
平均ターンオーバー2.01.1
FG成功率63.0%62.8%
フリースロー成功率58.2%52.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す