【スポンサーリンク】

レイカーズへのトレードが噂されるカイル・クーズマ「隣の芝生が常に青いわけではない」

レイカーズへのトレードが噂されるカイル・クーズマ「隣の芝生が常に青いわけではない」

ワシントン・ウィザーズのカイル・クーズマは先日、他のNBAチームへの移籍を望んでいると報じられた。

クーズマはNBAチャンピオンを狙えるチーム、もしくはビッグマーケットのチームへの移籍を望んでいるというが、クーズマに関心を持っているとされる1チームがクーズマの古巣ロサンゼルス・レイカーズだ。

古巣から関心を持たれていることについて、クーズマが言及した模様。

クーズマはレイカーズから関心を持たれていることについて質問されると、次のように答えたという。clutchpoints.comが伝えている。

隣の芝生が常に青く見えるわけではない。

ただ、良いことなのは明らかだ。

なぜなら、僕が良いプレイをしていることを意味するからね。

僕はこのリーグにおいて価値がある選手だ。

チームが僕をトレードで獲得したいと思ってくれている。

幸せなことさ。

クーズマにはフェニックス・サンズなど複数のNBAチームが関心を持っていると噂されている。

ウィザーズがクーズマをトレード市場に出す気配はないが、もしウィザーズが低迷し続けた場合、来年夏にオプションを行使して完全FAになることを宣言したクーズマをトレードで放出し、見返りを得る方向に舵を切る可能性は十分ある。

とはいえ、クーズマはレイカーズで再びレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスの影に隠れることも考えられるため、スポットライトを浴びることを好むクーズマがレイカーズ復帰を強く望むことはないのかもしれない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す