【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスのオフィシャルのコールに対する我慢が限界?「イライラする」

レブロン・ジェイムスのオフィシャルのコールに対する我慢が限界?「イライラする」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスは先日、ゲームオフィシャルから「ファウルコールを見過ごしている」と伝えられたことを明かした。

ここ2試合ではゲームオフィシャルによる「疑惑の判定」が多数見られており、特に試合終盤のコールについては議論が白熱している。

ファウルがコールされなかったことがレイカーズの敗戦につながったとも考えられるため、ジェイムスのゲームオフィシャルに対する我慢も限界に来ているのかもしれない。

あるNBAファンはレイカーズがフィラデルフィア・セブンティシクサーズに敗れた後、ラッセル・ウェストブルックの最後のポゼッションについて、「ラスのことをどう思っていようと、あれがファウルと思わないなら、君は嘘を言っていることになる。以上だ。NBAはレイカーズに対して2試合連続で恥知らずな嘘をつくのか?NBAはなぜレイカーズが負けるように仕向けているんだ?」とSNS上で指摘した。

ジェイムスもそれに同意した模様。fadeawayworld.netが伝えている。

彼ら(ゲームオフィシャル)は一年中、コート上で僕に面と向かって「私は見ていない」とか「あれはファウルではなかった」と言い続けている。

本当に意味が分からない!

ものすごくイライラする!

共に進み続けよう!

ジェイムスがそう発言した後、NBAはシクサーズ対レイカーズ戦のラスト2分間レポートをリリースした。

レポートの中には、ウェストブルックが最後のポゼッションでファウルをコールされなかったことについて「正しかった」と記載されている。

一方、先日のダラス・マーベリックス戦のレギュレーション最終盤でジェイムスとクリスチャン・ウッドがボールを奪い合ったプレイについては、ラスト2分間レポートでは「クリスチャン・ウッドにファウルがコールされるべきだった」とした。

今季は特にゲームオフィシャルのコールに対する批判が多いように思えるが、SNSが広く普及した今、ゲームオフィシャルに対する批判はますます加熱することになりそうだ。

【スポンサーリンク】

コメントを残す