【スポンサーリンク】

ギルバート・アリーナスがジェイムス・ハーデンの減給契約を受け「正しくない」

ギルバート・アリーナスがジェイムス・ハーデンの減給契約を受け「正しくない」

NBAオールスターガードのジェイムス・ハーデンは先日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズと2年6800万ドルの契約を結んだ。

ハーデンは来季の4700万ドルのプレイヤーオプションを破棄してシクサーズと再契約したため、大幅な減給を受け入れたと言えるだろう。

ハーデンが大幅な減給契約を受け入れたことにより、シクサーズはラグジュアリータックスのペナルティを避けつつロスターを強化できるようになった。

だが、元NBAスターのギルバート・アリーナスによると、選手がチームのラグジュアリータックスを気にするべきではないという。

アリーナスはハーデンの減給契約を受け、次のように指摘。clutchpoints.comが伝えている。

勝つために減給を受け入れるな。

(ラグジュアリータックスを気にすることは)君の仕事ではない。

勝つために減給を受け入れることは、君の仕事ではない。

君は大富豪だが、億万長者のために減給を受け入れている。

正しいとは思えない。

億万長者を助けるために減給を受け入れているんだ。

違うかい?

億万長者になりたくないのか?

シクサーズのマジョリティオーナーのひとりであるジョシュア・ハリスは、総額70億5000万ドル程度の資産価値を保有していると報じられている。

一方、ハーデンの純資産は1億6500万ドルだというから、資産の面ではハリスに遠く及ばない。

それを踏まえると、アリーナスの指摘は一考の価値があると言えそうだ。

なお、ハーデンはシクサーズと来年夏に大型契約を結ぶことで水面下で合意したため、今回の減給契約を受け入れたとも噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA