【スポンサーリンク】

エネス・カンター・フリーダムがヘイターたちに警鐘?「FBIにデータを収集されるぞ」

エネス・カンター・フリーダムがヘイターたちに警鐘?「FBIにデータを収集されるぞ」

元NBA選手のエネス・カンター・フリーダムは先日、トルコ政府から50万ドルの懸賞金をかけられた。

これまではトルコ政府の諜報機関がカンター・フリーダム捕獲に向けて動いていたものの、今後は50万ドルの懸賞金目当てに一般の人々もカンター・フリーダムを追うと見られている。

カンター・フリーダムが危険な状況を強いられたにも関わらず、彼のもとにはヘイトが集まっているのかもしれない。

カンター・フリーダムはSNSを通し、次のようなメッセージを発信したという。

ミームはおもしろいが、この懸賞金はジョークではない。

FBIが僕を殺害するために雇われた危険人物のデータを毎日収集している。

君たちがジョークとして投稿すると、データを収集され、不正確な結果につながってしまう。

注意してくれ。

カンター・フリーダムは「NBAは中国との関係を批判し続けている僕を除外している」などとし、それがNBAに復帰できない理由であると主張した。

だが、ほとんどのNBAファンは同意せず、カンター・フリーダムがNBAに復帰できないのは彼のコート上でのパフォーマンスにあると考えている。

そのためNBAを批判し続けるカンター・フリーダムには批判や嘲笑が集中していると見られるが、懸賞金報道についてもヘイトが続々と届いているのだろう。

いずれにせよ、世界はもちろんカンター・フリーダムに平和が訪れる日が来るのを祈るばかりだ。

【スポンサーリンク】

コメントを残す