【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがレフェリーに苦言「多くの人々の雇用に影響を及ぼし得る」

レブロン・ジェイムスがレフェリーに苦言「多くの人々の雇用に影響を及ぼし得る」

ロサンゼルス・レイカーズは現地16日にヒューストン・ロケッツに勝利し、連敗を3で止めた。

だが、現地15日に行われたダラス・マーベリックス戦のレギュレーション最終盤でNBAオールスターのレブロン・ジェイムスがクリスチャン・ウッドからファウルされたにもかかわらず、レフェリーはコールしなかった。

NBAのラスト2分間レポートで「クリスチャン・ウッドにレブロン・ジェイムスに対するファウルがコールされるべきだった」と記載されたことから、レイカーズの選手たちのレフェリーへの不信感が募ってしまったわけだが、次戦のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦最終盤でも疑惑のジャッジがあり、特にジェイムスのレフェリーに対する不満が爆発した。

この件にジェイムスが言及した模様。

ジェイムスはロケッツ戦を終えた後、レフェリーのコールの解決方法について質問されると、次のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

分からない。

僕はその答えを持っていない。

勝利のチャンスがあったにもかかわらず、それを逃すことにつながったコールが2度あったし、2試合連続で思い通りにならなかったことにすごく、すごくイライラする。

勝利のビジネスに身を置いていると、(コールミスが)多くの人々に影響を及ぼし得る。

多くの人々の雇用に影響を及ぼし得る。

現在進行している多くのことに影響を及ぼし得る。

勝利のチャンスがある時は、公平にジャッジされていると感じたい。

とはいえ、試合の結果が覆ることはない。

それを理解しているであろうジェイムスには、明日のサクラメント・キングス戦でレイカーズを勝利に導くパフォーマンスを見せてもらいたいところだ。

なお、レイカーズの今後10試合のスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
1/18サクラメント・ キングスホーム
1/20メンフィス・グリズリーズホーム
1/22ポートランド・トレイルブレイザーズアウェイ
1/24ロサンゼルス・クリッパーズホーム
1/25サンアントニオ・スパーズホーム
1/28ボストン・セルティックスアウェイ
1/30ブルックリン・ネッツアウェイ
1/31ニューヨーク・ニックスアウェイ
2/2インディアナ・ペイサーズアウェイ
2/4ニューオーリンズ・ペリカンズアウェイ

【スポンサーリンク】

コメントを残す