【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ「クリッパーズのナンバー1はカワイ・レナード」

ポール・ジョージ「クリッパーズのナンバー1はカワイ・レナード」

NBAスターのカワイ・レナードとポール・ジョージ擁するロサンゼルス・クリッパーズには、フランチャイズ初となるNBAタイトル獲得の期待がかかっている。

クリッパーズで結集して以降のレナードとジョージは怪我による長期離脱を強いられているが、彼らが健康を維持することができれば、クリッパーズは相手にとって脅威のチームとなるだろう。

そんな中、ジョージがレナードについて語った模様。

ジョージによると、クリッパーズでナンバー1の選手はジョージではなく、レナードだという。ジョージのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

聞いてくれ。

カワイがナンバー1だ。

僕はそれでまったく構わない。

僕は彼の負担を軽くするために助けようとしている。

皆は「カワイと君がナンバー1とナンバー1だ、もしくは1Aと1Bだ」と言うよね。

だが、僕は自分をナンバー2と公言する。

カワイがナンバー1で、僕がナンバー2だ。

エゴはない。

ただ、僕は自分の才能と自分にできることを信じている。

どんな夜も僕にできることを信じているんだ。

レナードはNBAキャリア通してチャンピオン2度、ファイナルMVP2度、ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー2度と、明らかにジョージを上回る実績を残している。

とはいえ、ジョージもNBAを代表するスター選手のひとりであり、そのジョージが素直にレナードを認めているのは、クリッパーズにとって大きな意味あることだと言えるだろう。

彼らがシーズンを通して健康を維持し、クリッパーズに最高の結果をもたらしてくれるのを期待したいところだ。

なお、クリッパーズ移籍後のジョージとレナードのスタッツは以下の通りとなっている。

P・ジョージK・レナード
出場試合数133109
平均出場時間32.533.2
平均得点22.926.0
平均リバウンド6.36.8
平均アシスト4.85.0
平均スティール1.51.7
平均ブロックショット0.40.5
平均ターンオーバー3.22.3
FG成功率44.5%48.8%
3P成功率39.8%38.9%
フリースロー成功率86.8%88.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA