【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「僕には10代の頃からゲームを読む能力があった」

レブロン・ジェイムス「僕には10代の頃からゲームを読む能力があった」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、38歳になった今もNBAトップレベルのパフォーマンスを維持している。

それを可能にしているのは食生活や睡眠などを徹底していることだろうが、高いバスケットボールIQを持っていることも大きな要素と言えるだろう。

ジェイムスによると、若い頃から試合を読む能力を持っていたという。

ジェイムスはヒューストン・ロケッツ戦で48得点を記録した後、自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は若い頃からゲームを読む能力を持っていた。

ゲームが始まる前から、ポゼッションの前から、先のプレイを読むことができた。

10代の頃からこの能力を持っている。

それが僕のゲームの一部だから、身体能力が落ち始めても多くの相手の先を行くことができる。

僕の身体能力は少し落ちてしまっているが、自分のゲームを広げることができると分かっていたんだ。

ジェイムスによると、優位なポジションでプレイすることを常に考えているという。

年を取れば取るほど身体能力は衰えていき、NBA選手としてのキャリアは終わりに近づいていってしまう。

だが、ジェイムスは身体能力の衰えをバスケットボールIQでカバーし、今も危険なNBA選手としてプレイしている。

果たしてジェイムスは何歳までNBAトップレベルのパフォーマンスを維持することができるのだろうか?

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数341400
平均出場時間36.238.1
平均得点29.727.2
平均リバウンド8.47.5
平均アシスト7.07.3
平均スティール1.0
(キャリアワースト)
1.6
平均ターンオーバー3.23.5
FG成功率51.1%50.5%
3P成功率29.3%34.4%
フリースロー成功率75.8%73.5%

【スポンサーリンク】

コメントを残す