【スポンサーリンク】

レイカーズがカイリー・アービング獲得に本腰か?

レイカーズがカイリー・アービング獲得に本腰か?

NBAタイトル奪還を狙うロサンゼルス・レイカーズは、ブルックリン・ネッツのカイリー・アービング獲得を狙っている。

だが、ネッツがNBAドラフト1巡目指名権2つをトレードパッケージに加えるよう要求している一方で、レイカーズはレブロン・ジェイムス時代以降を見据え、少なくとも1つは残したい考えだ。

しかし、レイカーズはジェイムスがいる時代を最大限活用しようとしているのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、レイカーズはアービングを獲得するためにNBAドラフト1巡目指名権2つをトレードパッケージに加える方向で話し合っているという。

ただし、ネッツはラッセル・ウェストブルックとのトレードには応じないと噂されている。

状況は流動的であり、今後どうなるのかまったく予測できないものの、もしレイカーズがNBAドラフト1巡目指名権を2つとも手放す用意があるなら、トレードが実現する可能性は高まるだろう。

なお、レイカーズのゼネラルマネージャーを務めるロブ・ペリンかは先日、ジェイムスと面会した際に「NBAチャンピオンになるためならすべてのリソースを提供する」と約束したと報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA