【スポンサーリンク】

レイカーズがパトリック・ベバリーのトレードを検討?

レイカーズがパトリック・ベバリーのトレードを検討?

NBAスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルック擁するロサンゼルス・レイカーズは、今季18試合を終えた時点で7勝11敗、ウェスタン・カンファレンス13位にとどまっている。

ここ6試合で5勝をあげているものの、レイカーズのフロントオフィスはロスターの調整に動こうとしているのかもしれない。

lakersdaily.comによると、シューターとビッグマンを探しているレイカーズは、NBA屈指のディフェンダーであるパトリック・ベバリーをトレードで放出する可能性があるという。

ベバリーのディフェンスと闘争心、強力なリーダーシップは、レイカーズに大きな影響をもたらしている。

だが、NBAキャリアを通して37.5%を記録している3P成功率は、今季わずか23.8%にとどまっている。

また、デニス・シュルーダーが戦列に復帰し、バックコートが過剰にあることも、契約最終年を迎えているベバリーのトレードを後押しする材料となるだろう。

ただし、レイカーズがトレードに踏み出すのは、オフシーズン中に契約を結んだ多くのNBA選手がトレード可能になる現地15日以降と見られている。

また、レイカーズはケンドリック・ナンをトレードで放出する可能性があるとも報じられている。

今季のベバリーとナンのスタッツは以下の通りだ。

P・ベバリーK・ナン
出場試合数1416
平均出場時間27.414.1
平均得点4.15.9
平均リバウンド3.91.4
平均アシスト2.91.3
平均スティール0.90.1
平均ターンオーバー1.01.4
FG成功率26.6%37.4%
3P成功率23.8%29.4%
フリースロー成功率82.4%85.7%

【スポンサーリンク】

コメントを残す