【スポンサーリンク】

エージェント変更のディアーロン・フォックス「トレードや移籍とは関係ない」

エージェント変更のディアーロン・フォックス「トレードや移籍とは関係ない」

今季NBAオールスターレベルのパフォーマンスを見せているサクラメント・キングスのディアーロン・フォックスは先日、契約していたエージェントと決別し、新たにクラッチスポーツとエージェント契約を結んだ。

レブロン・ジェイムスやアンソニー・デイビスなどNBAスターたちを顧客に抱えているクラッチスポーツとエージェント契約を結んだことにより、「フォックスはトレードを要求するのでは?」といった憶測が出回ることとなったが、フォックス自らこれらの噂や憶測を否定した模様。

フォックスによると、エージェントの変更はトレードや移籍とはまったく関係ないという。フォックスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

どんな悪評があるアスリートでも、大きな変化をもたらそうとすると、それが巡り巡って憶測を呼んでしまうものさ。

だが、僕はサクラメントにいるのが大好きだ。

この動きはトレード希望や移籍希望とはまったく関係ない。

僕自身とバスケットボールビジネスを重視した結果だ。

彼ら(クラッチスポーツ)はその点において、僕がこれまで得られなかった助けをもたらしてくれると思う。

とにかくレベルアップしたんだ。

フォックスの契約は2026年まで残っている。

キングスは現在10勝8敗、ウェスタン・カンファレンス6位とまずまずの成績を残していることもあり、少なくともキングス側がフォックスをトレードで放出することはないだろう。

とはいえ、キングスはフォックスの契約が残っているうちにNBAプレイオフ復帰を果たし、NBAタイトルを狙えるレベルにステップアップしたいところだ。

なお、フォックスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数17339
平均出場時間32.332.1
平均得点25.119.4
平均リバウンド4.93.6
平均アシスト6.16.2
平均スティール1.21.3
平均ターンオーバー2.62.8
FG成功率53.0%46.5%
3P成功率38.5%32.4%
フリースロー成功率82.0%73.0%

【スポンサーリンク】

コメントを残す