【スポンサーリンク】

コービー・ブライアントがシャリーフ・オニールに送ったメッセージとは?

コービー・ブライアントがシャリーフ・オニールに送ったメッセージとは?

NBAレジェンドのシャキール・オニールを父に持つシャリーフ・オニールは、父の古巣であるロサンゼルス・レイカーズの一員としてサマーリーグデビューを果たした。

心臓の手術を乗り越え、父の古巣のNBAチームのユニフォームを着てプレイしたことは、シャリーフ・オニールにとって特別な瞬間だったことだろう。

そのシャリーフ・オニールが、父の盟友であるコービー・ブライアントからのメッセージを明かした模様。

シャリーフ・オニールによると、ブライアントは常に彼を気にかけてくれていたという。lakersnation.comが伝えている。

僕がまだ小さかった頃、彼はいつもこう言っていた。

「やりたいことをやれ。他人に『君にはできない』と言わせるな」とね。

僕は常にそのことを考えている。

同じ言葉を皆も聞いたことがあるかもしれないね。

だが、彼のような人から直接聞くのは違うものだ。

君たちも知っての通り、彼はいつも僕を気にかけてくれていた。

手術の後も毎日メッセージを送ってくれた。

「今日の調子はどうだい?」という感じさ。

僕の調子が良いかどうか、いつも気にかけてくれた。

僕が体育館に行く時は、彼は忙しければ「いつでも電話してくれ。僕がどこにいるかは知っているだろ?」と言ってくれた。

彼はいつも気にかけてくれていたんだ。

シャリーフ・オニールはレイカーズとの契約を勝ち取ることができず、Gリーグのイグナイトと契約した。

来季はGリーグで経験を積み、NBAデビューを狙うことになるだろうが、ブライアントのメッセージを胸にハードワークを重ねるに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    シャリーフ…
    残念すぎるぞ。

*

CAPTCHA