【スポンサーリンク】

ニコラス・クラクストンが相手からのハック戦略について「リスペクト」

ニコラス・クラクストンが相手からのハック戦略について「リスペクト」

ブルックリン・ネッツのニコラス・クラクストンはNBAキャリア4年目となる今季、キャリアワーストのフリースロー成功率46.3%にとどまっている。

そのため相手チームから故意にファウルされ、フリースローラインに立たされることも少なくない。

ネッツにとってクラクストンのフリースローは大きな懸念事項のひとつだろうが、クラクストンは特に気にしていないようだ。

クラクストンは相手チームのハック戦略について次のようにコメント。nypost.comが伝えている。

特に気にしてはいないよ。

相手からファウルされることは、リスペクトの表れのようなものだと思っている。

相手は僕たちを止めることができない。

僕たちのチームのディフェンスを止めることができない。

僕はショットを決めるだけだ。

僕はこのチャレンジに挑むよ。

ネッツはNBAオールスターフォワードのケビン・デュラント離脱後4連敗を喫したが、その後2連勝を巻き返しつつある。

ネッツが次に対戦するのは、NBAオールスターのジェイムス・ハーデンとジョエル・エンビード擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズ。

クラクストンはエンビードにマッチアップするという大役を担わなければならないが、エンビードに対して果敢に対峙するに違いない。

なお、クラクストンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数43137
平均出場時間29.121.9
平均得点12.7
(キャリアハイ)
9.0
平均リバウンド8.7
(キャリアハイ)
6.2
平均アシスト1.5
(キャリアハイ)
1.1
平均スティール0.7
(キャリアハイタイ)
0.6
平均ブロックショット2.7
(キャリアハイ)
1.6
平均ターンオーバー1.30.9
FG成功率73.3%
(キャリアハイ)
68.2%
フリースロー成功率46.3%
(キャリアワースト)
50.6%

【スポンサーリンク】

コメントを残す