【スポンサーリンク】

プレイスタイルを変えたアーロン・ゴードン「勝つためなら何でもやる」

プレイスタイルを変えたアーロン・ゴードン「勝つためなら何でもやる」

デンバー・ナゲッツのアーロン・ゴードンは、オーランド・マジックで厳しい時間を送っていた。

だが、2年前のトレードでナゲッツに加わると、チームに欠かせない選手のひとりとして大活躍している。

マジック時代のゴードンはフェイダウェイショットを頻繁に狙っていたものの、ナゲッツ移籍後に「フェイダウェイは最終手段だ」と指摘されて以降、シンプルなプレイをするように心掛けているという。

ゴードンは自身のプレイスタイルについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

3ポイントを撃たなければならないなら撃つ。

ポストアップしなければならないならポストアップする。

プレイメイクしなければならないならプレイメイクする。

リバウンドしなければならないなら、ダーティーワークをしなければならないなら、ディエンスしなければならないなら、僕はやる。

僕はこのチームがチャンピオンになるのを、ジョーカー(ニコラ・ヨキッチ)がチャンピオンになるのを、ジャマール(・マレー)がチャンピオンになるのを、マイケル・マローンがチャンピオンになるのを助けるためにここにいるし、そのためならなんでもやる。

勝つことがすべてだ。

僕は勝つためならなんでもやるよ。

シンプルなプレイを心心掛けているゴードンは今季、NBAキャリアのFG成功率と3P成功率を大きく上回る数字を記録している。

ヨキッチのプレイメイクの恩恵もあるのだろうが、ようやくホームを見つけたゴードンはナゲッツのために全力を尽くし続けるに違いない。

なお、ゴードンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数42570
平均出場時間30.129.0
平均得点16.713.3
平均リバウンド6.86.3
平均アシスト2.62.5
平均スティール0.80.7
平均ターンオーバー1.71.5
FG成功率58.2%
(キャリアハイ)
46.9%
3P成功率37.7%
(キャリアハイ)
32.6%
フリースロー成功率62.6%
(キャリアワースト)
69.3%

【スポンサーリンク】

コメントを残す