【スポンサーリンク】

レイカーズはバディ・ヒールドとマイルズ・ターナーを獲得すべき?

レイカーズはバディ・ヒールドとマイルズ・ターナーを獲得すべき?

ロサンゼルス・レイカーズはラッセル・ウェストブルックとNBAドラフト1巡目指名権2つをトレードパッケージとし、ブルックリン・ネッツのカイリー・アービング獲得を狙っている。

だが、NBAオールスターのケビン・デュラントがトレード要求を取り下げたことにより、アービングもネッツに残留する可能性が高い。

つまり、レイカーズのアービング獲得計画は失敗に終わったと言えるだろう。

では、レイカーズはこれまで噂されていたバディ・ヒールドとマイルズ・ターナーにターゲットを切り替えるべきなのだろうか?

NBAアナリストのマーク・J・スピアーズによると、ヒールドとターナーはアービングほど大きなオプションではないものの、レイカーズに利益をもたらすという。スピアーズのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

マイルズ・ターナーは昨季、平均7リバウンドを記録した。

彼は1試合あたり3ポイントを1.5本決める。

彼は平均13.0得点を記録した。

マイルズ・ターナーはレイカーズにとって大きな助けとなる。

アンソニー・デイビスが欠場した場合、その穴を埋めることができる質の高いパワーフォワード/センターを手にすることになるだろう。

アンソニー・デイビスが離脱した時、彼の穴を埋めることができるパワーフォワード/センターがいないことがだめだった。

ビッグマンが枯渇していた。

誰も穴を埋めることができなかった。

アンソニー・デイビスと彼は素晴らしいコンビになれるだろう。

アンソニー・デイビスが不在の時は、マイルズ・ターナーが助けることができるだろうね。

ターナーはNBA屈指のリムプロテクターであり、オフェンスではアウトサイドシュートもある貴重なビッグマンのひとりだ。

もしレイカーズがターナーを獲得することができれば、デイビス不在時の保険にもなるのは間違いないだろう。

ただし、ペイサーズはNBAドラフト1巡目指名権2つをトレードパッケージに加えるよう要求している一方で、レイカーズは1つしか応じないと報じられている。

また、レイカーズはNBAオールスターのドノバン・ミッチェル獲得を狙っていると噂されている。

ミッチェルを獲得できない場合、第3のNBAチームとしてトレードに加わり、ボヤン・ボグダノビッチ、ジョーダン・クラークソン、パトリック・ベバリーのような経験と実績ある選手の獲得を狙うという。

いずれにせよ、レイカーズのロスター再構築の動きはまだまだ続きそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    その前に呪いの装備どうにかしろよ

  2. By p_nuts

    ADとレブロンのケガがなければね。

  3. By 匿名

    ベバリー・ヒールド・レブロン・AD・ターナーが実現したら優勝争いに加わってきそう

*

CAPTCHA