【スポンサーリンク】

ゴーラン・ドラギッチ「ビッグフェイスコーヒーが閉まっているじゃないか」

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーは、NBAキャリアを終えた後はコーヒーショップを展開することを夢のひとつにしている。

その前準備なのか、オーランドのバブル内で「ビッグフェイスコーヒー」を運営。

バブル内には他にコーヒーショップがなかったため、ビッグフェイスコーヒーはNBA選手やスタッフたちの御用達になっているようだが、いつでもオープンしているというわけではないようだ。

バトラーと親交を深めているゴーラン・ドラギッチが現地17日の朝にビッグフェイスコーヒーを訪れたところ、残念ながら閉まっていたという。

ビッグフェイスコーヒーに来たのだが、閉まっているじゃないか。

せっかく現金を持ってきたのにね。

他に(コーヒーを買う)選択肢がない。

リトルフェイスコーヒーに行くしかないね。

この日はボストン・セルティックスとのカンファレンスファイナル第2戦を控えていたため、バトラーはコーヒーではなくバスケットボールに専念したかったのかもしれない。

ドラギッチが言う「リトルフェイスコーヒー」とは、バブル内に突如現れた謎のコーヒーショップ。

バトラーのビッグフェイスコーヒーが1杯50ドルで販売(現金払いのみ)している一方、リトルフェイスコーヒーは1杯5ドル、さらにサンプルは無料という大盤振る舞いをしている。

この価格に太刀打ちするのは不可能と思われるため、バトラーはコーヒーを淹れる技術をさらに磨き、揺るぎない品質のコーヒーを完成させたいところだ。

なお、バトラーの「ビッグタイムコーヒー」は商標登録へ向けて準備をしていると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA