【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「僕の意志に身体が同意しなかった」

アンソニー・デイビス「僕の意志に身体が同意しなかった」

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、現地3日に行われたフェニックス・サンズとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第6戦で復帰した。

だが、わずか5分間プレイした時点で股関節の痛みを再び訴え、その後はコートに復帰することができなかった。

デイビスによると、股関節の痛みは試合中に再発したのではなく、股関節を動かそうとするたびに痛みが増していたという。デイビスのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

怪我は木曜日に悪化したわけではなかった。

決して良い状態ではなかったが、僕の中の闘争本能が「コートに出て、できる限りチームを助けたい」と言っていた。

だが、僕の身体が同意しなかったんだ。

デイビスが離脱した後、レイカーズはサンズに引き離され、一時は29点のビハインドを負った。

後半に追い上げたものの、やはりデイビスの離脱が悔やまれるところだろう。

今季のデイビスは怪我に苦しめられ、最後まで満足いくパフォーマンスができなかった。

このオフシーズン中は治療に専念し、来季のリベンジを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA