【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「自分のマインドがどこにあるのか分かっている」

ブラッドリー・ビール「自分のマインドがどこにあるのか分かっている」

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは、来季が契約最終年となっている。

そのためウィザーズがビールをトレードで放出し、見返りを狙う可能性があると噂されているが、ウィザーズがNBA屈指のスコアラーであるビールをトレードで放出する可能性は低いだろう。

つまり、ビール側がトレードを希望しない限り、少なくとも来季開幕はウィザーズの一員として迎えると考えられる。

では、ビール自身はどう考えているのだろうか?

トレードの噂について質問されたビールは、以下のように返答したという。hoopsrumors.comが伝えている。

結局は僕がコントロールしている。

それが僕の強みじゃないかな。

人々は言いたいことを報じるだろうが。僕は僕のマインドがどこにあるのか分かっている。

もし僕側から出た話ではないなら、それはただの噂だ。

ビールによると、トレードの噂には耳を貸さないように努めているという。

ウィザーズはビールとラッセル・ウェストブルックを中心としたチームだが、NBAタイトルを狙うには彼らをサポートできる選手を揃えることが不可欠だろう。

ウィザーズにはビールとウェストブルックの能力を最大化すべく、適切な補強を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA