【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHCがクレイ・トンプソンの状態について「フルコンタクトはまだ」

スティーブ・カーHCがクレイ・トンプソンの状態について「フルコンタクトはまだ」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは、NBA2021-22シーズンのどこかの時点で復帰すると見られている。

2年連続でシーズンを全休したため、ウォリアーズはトンプソンの復帰時期を慎重に見極めるだろう。

そんな中、ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCがトンプソンの現状について明かした模様。

カーHCによると、まだフルコンタクトの練習はできていないものの、NBAゲーム復帰に向けて順調に進んでいるという。カーHCのコメントをRealGMが伝えている。

フルコンタクトはまだだ。

だが、コートで動き始めている。

まだ5on5をプレイできる状態ではない。

だが、アキレス腱を断裂したのだから、走り始めることができるようになったのは大きなステップだ。

メンタル的にも大きな後押しとなるだろう。

身体の残りの部分が動き始め、身体の痛みや苦しみを感じるようになる。

今の彼はその段階なんだ。

トンプソンは2019年の6月に膝の前十字靭帯を断裂。

さらに昨年11月のピックアップゲーム中にアキレス腱を断裂した。

トンプソンとステフィン・カリーが揃ったウォリアーズはNBAチャンピオンを狙えるだけの戦力を有しているだけに、一日も早い完治を願いたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA