【スポンサーリンク】

レイカーズのアシスタントコーチが考えるコービー・ブライアントとレブロン・ジェイムスの共通点とは?

NBA史上最も偉大なプレイヤー「GOAT」を議論する際に真っ先に名が挙がるのは、”バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダンだ。

それに異論を唱える者は少ないだろう。

一方、コービー・ブライアントやレブロン・ジェイムスを推す声もある。

そんな中、ロサンゼルス・レイカーズのアシスタントコーチを務めるフィル・ハンディがGOATについて言及した模様。

ハンディによると、人々は偉大なプレイヤーたちの影の努力を理解していないという。ハンディのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

人々はGOATについて毎日のように議論している。

彼らがやったことを比較しようとしているよね。

ただ、人々はマイケル、コービー・ブライアント、レブロンのことを理解していない。

偉大なプレイヤーたちのオン・ザ・コートとオフ・ザ・コートにおける労働観がどれほど狂気じみているか理解していないんだ。

私はコービー、レブロンと一緒に過ごしたことがあるが、彼らにはたくさんんの共通点がある。

ゲームとバスケットボールIQを勉強し、相手のことを勉強し、彼ら自身のことを勉強している。

彼らはゲームを完璧なものにするため、偉大なプレイヤーになるために彼ら自身を毎日プッシュする。

彼らと一緒に働く機会があった中で分かったのは、彼らのゲームに対するアプローチ方法と働き方にすごくたくさんの共通点があったんだ。

NBA史に名を残すレジェンドたちは、常にゲームを学び、自身を高めるための努力を惜しまない。

だが、ブライアントとジェイムスを近くで見てきたハンディACは、努力のレベルが異次元にあると感じているのだろう。

歴史に名を残す偉大なアスリートたちが、人々はもちろん一般的なアスリートにも想像できないほどの努力を重ねているのは間違いなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA