【スポンサーリンク】

サンズ ケビン・ラブよりダニーロ・ガリナリ?

クリーブランド・キャバリアーズのベテランフォワード、ケビン・ラブには、トレードの噂が出ている。

現時点ではポートランド・トレイルブレイザーズとデンバー・ナゲッツが有力視されているが、プレイオフ復帰を狙うフェニックス・サンズは、よりリスクを抑えながら4番のポジションをアップグレードしたいと考えているのかもしれない。

clutchpoints.comによると、サンズはトレードでガリナリを獲得し、今年夏に適切な金額での再契約をオファーすることを検討しているという。

ラブと比較するとガリナリはより安価な契約でロスターに残すことができるだろう。

一方、ガリナリが所属するサンダーは若手有望株、もしくはドラフト指名権を要求すると見られている。

サンズはどのプレイヤーもしくは指名権をトレード要員とするか注目が集まるが、ガリナリを獲得できればプレイオフ復帰の可能性がより高まるかもしれない。

なお、今季のガリナリは28試合に出場し、平均30.5分のプレイで18.1得点、5.6リバウンド、2.2アシスト、FG成功率43.8%、3P成功率37.8%を記録。

キャリアを通してニューヨーク・ニックス、ナゲッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、サンダーでレギュラーシーズン通算577試合に出場し、平均31.0分のプレイで16.0得点、4.9リバウンド、2.0アシスト、FG成功率42.6%、3P成功率37.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA