【スポンサーリンク】

ジミー・バトラー「バブル内でコーヒーショップを経営している」

ジミー・バトラー「バブル内でコーヒーショップを経営している」

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーは先日、「バブルの中では誰とも会わないから友人は必要ない」、「部屋に閉じこもってやるべき仕事をする」と語った、

部屋ではバスケットボールのことを考え、NBAチャンピオンになるためにやるべきことをしていると思われたバトラーだったが、ビジネスの勉強にも励んでいるのかもしれない。

バトラーによると、NBAを引退した後はコーヒーショップを運営することをひとつの夢としており、経験を積むためにバブル内でコーヒーを1杯20ドルで販売しているという。バトラーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

https://www.instagram.com/p/CD5OY6CFsAQ/?utm_source=ig_embed

コーヒーを淹れるスキルを磨くことに取り組んでいるんだ。

キャリアを終えた後、僕はコーヒーショップをオープンする。

今は1杯20ドルで売っているよ。

欲しいなら来てね。

バトラーによると、コーヒーを淹れるスキルは日に日に高まっており、評判も上々だという。

スモールサイズ、ミディアムサイズ、ラージサイズを用意しており、すべて1杯20ドルで販売しているというバトラー。

何事にも真剣に取り組む彼だからこそ、厳選したコーヒー豆を丁寧に挽いていることだろう。

部屋で豆を挽き、芳醇な香りに酔いしれるバトラーの表情は想像に難くない。

引退後にコーヒーショップを成功させるためにもNBAチャンピオンに輝き、店に箔を付けたいところだ。

なお、バトラーはバブル内でコーヒーショップを経営するにあたり、こう話している。

ここではなかなかコーヒーを手に入れることができない。

だから1杯30ドルに値上げするかもしれない。

ここにいる人たちには(金銭的に)余裕があるから、誰も文句は言わないだろうね。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA