【スポンサーリンク】

痛恨のパスミスのジョー・ハリス「バカなミスだった」

痛恨のパスミスのジョー・ハリス「バカなミスだった」

ブルックリン・ネッツは現地1月31日、ブラッドリー・ビールとラッセル・ウェストブルック擁するワシントン・ウィザーズと対戦し、まさかの逆転負けを喫した。

残り12.3秒の時点で5点のリードを奪い、勝負は決まったように思えたが、ブラッドリー・ビールの3Pで2点差に迫られると、インバウンドパスを出したジョー・ハリスと受け手のケビン・デュラントの間でコミュニケーションミスが発生。

ボールをギャリンソン・マシューズにスティールされ、ウェストブルックの3Pで逆転されてしまった。

痛恨のミスを犯してしまったハリスによると、タイムアウトが残っていることに気付いておらず、早くデュラントにボールを渡そうと考えていたという。

この日のハリスは8本の3Pを含む30得点を記録するなど大活躍。

だが、唯一のターンオーバーを最後の最後に犯してしまった。

いずれにせよ、ネッツの一員としてNBAチャンピオンを目指すハリスにとっては、間違いなく大きな経験になったことだろう。

なお、アービングはハリスと逆転レイアップをミスしたティモテー・ルワウ・キャバロに対し、「今夜の敗戦は君たちの責任ではない」と伝えたことを明かした。

なお、ハリスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数22353
平均出場時間31.524.7
平均得点15.0
(キャリアハイ)
10.7
平均リバウンド3.73.2
平均アシスト2.11.6
平均スティール0.60.5
平均ターンオーバー0.81.2
FG成功率51.5%
(キャリアハイ)
48.2%
3P成功率49.0%
(キャリアハイ)
43.2%
フリースロー成功率61.5%77.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA