【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデン「バックスを称えてくれ」

ジェイムス・ハーデン「バックスを称えてくれ」

シーズン途中のトレードでブルックリン・ネッツに移籍したジェイムス・ハーデンは、ポイントガードとしてネッツを牽引し、ケビン・デュラントとカイリー・アービング不在時はスコアラーとしても活躍した。

だが、シーズン前半に疲労が蓄積されたのか、ハムストリングの怪我で離脱。

ハーデンはハムストリングの張りによる離脱と報じられていたものの、実際にはグレード2の怪我だったという。

ハーデンはミルウォーキー・バックスとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナルを振り返り、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕個人としてはフラストレーションが溜まる。

これまで何度もプレイオフに出場し、怪我なく自分自身を見せることができていた。

だが、今季はハムストリングに苦しめられた。

フラストレーションが溜まる。

僕たちはやれることすべてをやった。

フラストレーションが溜まるよ。

だが、バックスを称えてくれ。

彼らは最後まで戦ったし、とんでもないシリーズだった。

僕たちが及ばなかっただけだ。

シリーズ第7戦は一度も休むことなくプレイし続け、明らかに疲労の色が見えたハーデン。

ハムストリングの怪我は再発しやすいだけに、東京オリンピックやそれに向けたトレーニングキャンプで悪化しないことを願いたい。

なお、ハーデンの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数449
平均出場時間36.635.8
平均得点24.620.2
平均リバウンド7.96.3
平均アシスト10.88.6
平均スティール1.21.7
平均ターンオーバー4.02.9
FG成功率46.6%47.2%
3P成功率36.2%36.4%
フリースロー成功率86.1%90.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA