【スポンサーリンク】

ベン・シモンズがシューティングハンドを右手にスイッチ?

ベン・シモンズがシューティングハンドを右手にスイッチ?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスターガード、ベン・シモンズは、シュートに問題を抱えている。

NBAキャリア4年目を終えた今もアウトサイドジャンパーに改善は見られず、特にNBAプレイオフではその問題が顕在化してしまった。

シモンズはこの夏を通してシューティング練習に励むというが、シュートに関しては根本から変えていくかもしれない。

NBAレポーターのブライアン・ウィンドホーストによると、シモンズはシューティングハンドを左手から右手にスイッチすることを検討しているという。ウィンドホーストのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

私が聞いたことのひとつは、彼がシューティングハンドを左手から右手に変えるのを検討しているということだ。

決定事項ではないがね。

シモンズは3年前にもシューティングハンドのスイッチを検討したと噂されている。

左手のシュートフォームはすでに形が定まっており、修正するのは簡単ではない。

だが、右手のシュートフォームは定まっていないため、最もフィットするフォームを見つけることができるかもしれない。

いずれにせよ、シモンズにとってこの夏は今後のNBAキャリアをかけた時間となりそうだ。

なお、シモンズの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数5812
平均出場時間32.433.5
平均得点14.3
(キャリアワースト)
11.9
平均リバウンド7.2
(キャリアワースト)
7.9
平均アシスト6.9
(キャリアワースト)
8.8
平均スティール1.61.3
平均ターンオーバー3.02.3
FG成功率55.7%62.1%
3P成功率30.0%
(キャリアハイ)
0%
フリースロー成功率61.3%34.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA