【スポンサーリンク】

デイミアン・リラードがステフィン・カリーの不調理由について「質の高いポゼッションを得られていない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBA史上最も偉大な3Pシューターのひとりだ。

だが、昨季は5試合で3P成功率24.5%(49本中12本)、今季は5試合で3P成功率32.1%(56本中18本)と、本来の力を発揮することができていない。

その原因について、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが言及した模様。

リラードによると、クレイ・トンプソンやケビン・デュラントなど主力選手が不在であり、良い状態でボールをもらえないことがカリーの不調の大きな原因だという。リラードのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

今のウォリアーズは負傷者がいるし、ステフは若い選手たちと一緒にプレイしている。

今の彼は良い状態でボールを持つのが難しいように見える。

過去4、5年とは異なるよね。

彼は質の高いポゼッションを狙っていて、オープンでボールを持つことを狙っている。

だが、それができるほど今の彼らには(ロスターに)深みがない。

僕も同じだ。

ディフェンダーに集中されてしまうんだ。

ウォリアーズはスコアリングオプションが不足しており、NBA屈指のシューターでありスコアラーでもあるカリーに頼らざるを得ない状況が続いている。

スコアリングでの貢献が期待されているアンドリュー・ウィギンスとケリー・ウーブレも真価を発揮することができず、厳しい戦いを余儀なくされているウォリアーズ。

このような状況においてはチーム内に不和が生じるケースが多々あるが、天国と地獄を見てきたカリーにはリーダーとしての役割も求められ、ストレスの溜まる時間が続くことになりそうだ。

なお、カリーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数5704
平均出場時間32.834.3
平均得点26.423.5
平均リバウンド4.64.5
平均アシスト6.66.6
平均スティール1.41.7
平均ターンオーバー3.63.1
FG成功率42.0%47.6%
3P成功率32.1%43.4%
フリースロー成功率100%90.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA