【スポンサーリンク】

カイリー・アービング「今の僕にバスケットボールは重要ではない」

カイリー・アービング「今の僕にバスケットボールは重要ではない」

今季のレギュラーシーズンは残すところ1日となった。

プレイイントーナメントとNBAプレイオフに進出するチームの選手たちは、タフなバトルに向けて準備をする期間が始まっている。

だが、ブルックリン・ネッツのNBAオールスターポイントガード、カイリー・アービングにとって、いま最も重要なのはバスケットボールではないという。

アービングは自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

君たちに嘘を言うつもりはないよ。

この世界ではたくさんのことが起こっている。

今の僕にとってバスケットボールは最も重要なことではない。

海外ではたくさんのことが起こっている。

僕の仲間たちは世界中で拘束され、人間性を奪われてしまっているんだ。

だから、君たち全員の質問に専念することはできないかもしれない。

それについては謝罪するよ。

世界ではあまりにたくさんのことが起こっている。

こうしてバスケットボールの話をしている間にもね。

僕は24時間365日、ほとんどの時間をバスケットボールに専念しなければならない。

だが、この世界ではあまりにたくさんのことが起こっているのだから、それに対処しないわけにはいかないんだ。

こういったことが起こっている事実を目にするのは悲しいよ。

アービングによると、今はイスラエルとパレスチナの紛争を危惧しており、多くの人々の命が失われていることを悲しく思っているという。

アービングが100%の状態でなければ、ネッツとネッツファンにとって残念なことかもしれない。

だが、常に世界平和と平等を訴えるアービングの姿勢に共感する人々は少なくないだろう。

アービングにはこれからもNBAという巨大なプラットフォームを活用し、世界中にメッセージを発信し続けてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA