【スポンサーリンク】

スコット・フォスターがジュリアス・ランドルのトラベリングコールを説明

スコット・フォスターがジュリアス・ランドルのトラベリングコールを説明

ニューヨーク・ニックスのNBAオールスター、ジュリアス・ランドルは、現地15日に行われたブルックリン・ネッツ戦の最終盤に痛恨のトラベリングを犯してしまった。

3点差を追っていたニックスはランドルにボールを託すと、ランドルは3Pショットを狙ったもののカイリー・アービングにボールに触れられ、シュートを放つことができなかった。

そのままボールを持って着地し、ドリブルをついたランドルに対し、レフェリーのスコット・フォスターはトラベリングをコール。

このプレイが勝敗を分けたと言っても過言ではなく、ランドルは試合終了のブザーが鳴ると怒りを抑えることができず、レフェリーに詰め寄ろうとした。

ランドルに対するトラベリングコールについてはさまざまな見方がなされているが、フォスターがこの件について説明した模様。フォスターのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

ディフェンダーはボールにタッチしたとみなされた。

だが、ボールが失われたわけではない。

彼(ランドル)は故意にボールを落としたり、ドリブルしたり、ボールを落とした後に最初にタッチすることはできない。

基本的に、ジュリアスは着地する前にボールに触れていた。

彼は着地後にパスやシュートはできるが、故意にボールを落としたり、落としたボールに最初に触れたり、ドリブルしたりすることはできない。

フォスターによると、アービングはボールに触れたものの、ボールはランドルの手から離れていなかったという。

この件についてはNBAの判断を待ちたいところだ。

なお、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードはSNSを通し、こう話した。

カイはジュリアス・ランドルのショットアテンプトをブロックした。

なぜスコットフォスターは笛を吹き、ネッツボールにしたんだ?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA