【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「好きでも嫌いでもステフィン・カリーをリスペクトすべき」

ドレイモンド・グリーン「好きでも嫌いでもステフィン・カリーをリスペクトすべき」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、MVPレベルのパフォーマンスを続けている。

カリーは今のNBAゲームに超ロングレンジショットをもたらした第一人者であり、カリーのプレイは多くの人々に大きな影響をもたらしているだろう。

だが、中にはカリーのプレイスタイルを批判する者もいる。

そんな中、チームメイトのドレイモンド・グリーンがカリーについて語った模様。

グリーンによると、カリーは常に自身を高めることに時間を費やしており、人々はカリーをリスペクトすべきだという。グリーンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼は勝った後も負けた後も常にウェイトルームにいる。

毎日ウェイトルームにいる。

ものすごい量のトレーニングをこなしている。

間違いなくそれがコートの彼に反映されているんだ。

だが、僕にとって最も印象的なのは、多くの男たちがチームにベテランがいないことに不満を持っている一方で、彼はまったくそうではないということだ。

見ていて本当に美しい。

もちろん彼のゲームは素晴らしいし、彼のシュートは素晴らしいよ。

だが、僕にとって最も美しいのは彼のアプローチ方法さ。

彼のことを好きでも嫌いでも、ステフをリスペクトしなければならない。

彼は常に謙虚に働いているんだ。

相棒のクレイ・トンプソンが今季全休となる怪我を負ってしまったことにより、カリーにはより大きな負担がかかることとなった。

だが、グリーンによると、カリーは不満をもらすことなくウォリアーズを牽引し、若手たちを鼓舞しているという。

そのカリーとウォリアーズにとって、明日のメンフィス・グリズリーズ戦はプレイイントーナメントのアドバンテージをかけた重要な一戦となる。

カリーにはMVPレベルのパフォーマンスでウォリアーズを牽引し、NBAプレイオフ復帰に導いてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA