【スポンサーリンク】

スティーブ・ナッシュHCがジェイムス・ハーデンのレギュラーシーズン中の復帰の可能性について「様子を見ると言わざるを得ない」

スティーブ・ナッシュHCがジェイムス・ハーデンのレギュラーシーズン中の復帰の可能性について「様子を見ると言わざるを得ない」

シーズン中のトレードでブルックリン・ネッツに加わったジェイムス・ハーデンは、現地4月5日のニューヨーク・ニックス戦でハムストリングを負傷した。

以降は欠場が続き、現在もリハビリを続けているというハーデンだが、復帰時期についてはまだ定まっていない模様。

ネッツを指揮するスティーブ・ナッシュHCによると、ハーデンの復帰にはまだ時間がかかるという。

「ハーデンはレギュラーシーズン中に復帰する?」という質問に対し、ナッシュHCは次のように返答。nypost.comが伝えている。

ジェイムスはまだ復帰できないと思う。

だが、彼はリハビリに取り組み、良くなってきている。

正しい方向に進んでいる。

長い目で見ると、我々全員がポジティブに、楽観的に見ているよ。

ただ、彼がコートに復帰するまで長い時間がかかると思う。

(ハーデンの復帰時期について)ここで言及するのは、我々の誰のためにもならない。

その質問に対する回答は控えさせてもらい、様子を見ようと言っておくよ。

彼がいつ復帰するかについては、100%確信しているわけではない。

どちらかの立場に立って予想することはしたくない。

なぜなら、誰のためにもならないし、我々にコントロールできることではないからね。

我々は彼の反応と回復状況、高い強度でNBAレベルのワークアウトができるかを見ていく。

様子を見るしかないと言わざるを得ない。

だが、レギュラーシーズン中の復帰とプレイオフ中の復帰、どちらの可能性もあるよ。

ハーデンの欠場が続く一方で、股関節の痛みを訴えていたカイリー・アービング、ハムストリングを負傷していたケビン・デュラントは復帰。

また、右膝の痛みで離脱していたブルース・ブラウンは現地2日のミルウォーキー・バックス戦で復帰見込み、NBAの健康と安全プロトコル下に置かれているニコラス・クラクストンは練習再開の許可が出たと報じられている。

とはいえ、ネッツにとって最も重要な選手のひとりであり、NBA屈指のプレイメイカーであるハーデンが一日でも早く回復すること祈りたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA