【スポンサーリンク】

ザック・ラビーン「これがビジネスだということは理解している」

ザック・ラビーン「これがビジネスだということは理解している」

NBAオールスターに初選出されたザック・ラビーン擁するシカゴ・ブルズには、2016-17シーズン以来となるNBAプレイオフ進出の期待がかかっていた。

シーズン中のトレードでNBAオールスタービッグマンのニコラ・ブーチェビッチを獲得し、NBAプレイオフ進出に向けて弾みをつけたかったブルズ。

だが、シーズン終盤にラビーンがNBAの健康と安全プロトコルにより離脱を余儀なくされ、プレイイントーナメントにも出場することができなかった。

そんな中、ラビーンが今季を振り返った。

ラビーンによると、今季は素晴らしいシーズンであったのと同時にフラストレーションも感じたという。ラビーンのコメントをThe Chicago Tribuneが伝えている。

僕たちはトレードによって間違いなく良いチームになった。

それについてはすごく満足している。

僕はここシカゴが大好きだ。

ただ、これはバスケットボールのビジネスであり、どんなことでも起こり得る。

僕は何が起きても対処できるように準備しているよ。

遠い未来のことは考えないようにしている。

ストレスは感じていない。

自分のゲームを改善することに集中しているが、また達成していないことについては気にしている。

つまり、勝利だ。

今季は素晴らしかった。

だが、それと同時にフラストレーションが溜まるシーズンでもあった。

ラビーンはすでに来季を見据えており、オフシーズン中は若手のパトリック・ウィリアムスやコービー・ホワイトなどと一緒にワークアウトに励む予定だという。

ラビーンは延長契約を結ばなければ、来季終了後に完全FAになる。

ブルズとしては来季確かな結果を残し、ラビーンが他チーム移籍に関心を持たないようにしたいところだろう。

なお、ブルズはFA市場やトレードで積極的にロスターを補強し、NBAプレイオフ進出を目指すと見られている。

ラビーンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数58411
平均出場時間35.131.4
平均得点27.4
(キャリアハイ)
19.1
平均リバウンド5.0
(キャリアハイ)
3.8
平均アシスト4.9
(キャリアハイ)
3.8
平均スティール0.80.9
平均ターンオーバー3.52.7
FG成功率50.7%
(キャリアハイ)
45.8%
3P成功率41.9%
(キャリアハイ)
38.5%
フリースロー成功率84.9%
(キャリアハイ)
82.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA