【スポンサーリンク】

デマーカス・カズンズがアキレス腱断裂のクリス・クレモンズにエール

デマーカス・カズンズがアキレス腱断裂のクリス・クレモンズにエール

NBAキャリア2年目を迎えるヒューストン・ロケッツのクリス・クレモンズが、先日のプレシーズンゲーム中にアキレス腱を断裂した。

クレモンズはNBA2020-21シーズンを全休し、復帰へ向けて治療とリハビリに専念することになるだろう。

だが、ロケッツにはタフな治療とリハビリを乗り越えた選手がいる。

デマーカス・カズンズ、ジョン・ウォール、デイビッド・ヌワバだ。

hoopsrumors.comによると、アキレス腱断裂など複数の怪我でここ2シーズンのほとんどを欠場したカズンズがクレモンズにエールを送ったという。

彼とは試合後に話をした。

僕の唯一のメッセージは、時間をかけろということ。

僕が怪我を通して気付いたのは、僕たちは僕たちが創り出しているものだ大好きだし、ゲームを愛しているということ。

困難を乗り越えた後は、ゲームをプレイしたくてたまらなくなるんだ。

僕たちは痛みを抱えながらプレイすることに慣れている。

良い状態の時があれば、そうでない時もある。

僕からの唯一のメッセージは、時間をかけ、すべてを正しい状態に戻すということ。

彼のキャリアはまだまだ続くからね。

クレモンズのNBA2020-21シーズンの契約は保証されている。

ロケッツはハードキャップの問題を抱えており、クレモンズをロスターからカットしたとしてもFA選手を獲得する余裕はほとんどない。

そのため、クレモンズとNBA2020-21シーズンドラフト2巡目指名権をセットにしてトレードで放出する可能性があるという。

トレードしない場合、ジェラルド・グリーンもしくはブルーノ・カボクロをウェイブする可能性があると報じられている。

いずれにせよ、クレモンズには治療とリハビリに専念し、完全な状態でNBAゲームに復帰してもらいたいところだ。

なお、クレモンズの昨季のスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20シーズン
出場試合数33
平均出場時間8.8
平均得点4.9
平均リバウンド0.9
平均アシスト0.8
平均スティール0.3
平均ターンオーバー0.6
FG成功率40.1%
3P成功率34.6%
フリースロー成功率90.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA