【スポンサーリンク】

第3戦の第4Q大半をベンチで過ごしたクリス・ポール「肩の怪我が理由ではない」

第3戦の第4Q大半をベンチで過ごしたクリス・ポール「肩の怪我が理由ではない」

ウェスタン・カンファレンス2位でNBAプレイオフに進出したフェニックス・サンズは、ファーストラウンドで昨季NBAチャンピオンのロサンゼルス・レイカーズと対戦している。

第1戦を制して好スタートを切ったものの、第2戦と第3戦を落とし、逆転されてしまったサンズ。

第2戦と第3戦に共通しているのは、NBAオールスターポイントガードのクリス・ポールが第4Qの大半をベンチで過ごしたという点だ。

ポールはシリーズ第1戦で肩を負傷し、その後は明らかにパフォーマンスに影響が表れていたため、肩に問題により第4Qの大半をベンチで過ごしたと見られている。

だが、ポールによると、第3戦の第4Q大半をベンチで過ごしたのは肩の怪我が理由ではないという。ポールのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

肩を再び痛めたわけではないよ。

金的蹴りを食らってしまったからなんだ。

これはプレイオフ。

誰もがどこかしらを痛めているものさ。

ポールが金的を食らったシーンは確認されておらず、一部では肩の怪我を隠すためにそう言ったと報じられている。

元レイカーズのトレーナーはポールの肩の怪我について、「数日か数週間は問題を抱え続けることになる」と評価したというが、ポールの肩の状態は現地30日に行われるファーストラウンド第4戦で明らかになるだろう。

なお、ポールのファーストラウンド第1戦から第3戦までのスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦
出場時間36:1022:4727:22
得点767
リバウンド435
アシスト856
スティール101
ターンオーバー132
FG成功率37.5%
(3/8)
40.0%
(2/5)
37.5%
(3/8)
3P成功率100%
(1/1)
フリースロー成功率50.0%
(2/4)
50%
(1/2)
+/-+6-2-20

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA