【スポンサーリンク】

スペンサー・ディンウィディ「トレードを拒否したのはウォリアーズではなくネッツ」

スペンサー・ディンウィディ「トレードを拒否したのはウォリアーズではなくネッツ」

NBAタイトルコンテンダーのブルックリン・ネッツは、現地3月25日のトレード期限までにスペンサー・ディンウィディを放出すると噂されていた。

デトロイト・ピストンズやマイアミ・ヒートなど複数のNBAチームがトレード先として噂された中、最有力候補に挙がっていたのはNBAプレイオフ復帰を目指すゴールデンステイト・ウォリアーズだ。

ネッツはディンウィディをトレードで放出し、ケリー・ウーブレ獲得を狙うと噂された。

だが、NBAプレイオフ復帰を目指すウォリアーズはウーブレとのトレードを拒否したという。

しかし、この噂をディンウィディが否定した模様。

ディンウィディによると、トレードを拒否したのはウォリアーズではなく、ネッツだったという。ディンウィディのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

この件について、彼らは嘘を言っている。

ウォリアーズが僕を獲得するためにケリー・ウーブレとのトレードをオファーした。

拒否したのはネッツのほうだ。

実際のところ、ディンウィディの主張が正しいのか、ウォリアーズ側の主張が正しいのかはわからない。

だが、当然ながら選手たちとの関係を悪化させたくないウォリアーズとネッツは、選手たちに「必要とされる存在」であることを感じさせるため、それぞれの主張を曲げることはないだろう。

なお、多くのNBAチームは今年のオフシーズン中にディンウィディ獲得を狙うと噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA