【スポンサーリンク】

クリス・ボッシュ「ビッグ3時代のヒートはクリームのようだった」

クリス・ボッシュ「ビッグ3時代のヒートはクリームのようだった」

マイアミ・ヒートの最盛期と言えば、やはりレブロン・ジェイムス、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュというビッグ3を擁した時だろう。

ビッグ3はわずか4年で解散することになったものの、4年連続でファイナルに進出し、2度NBAチャンピオンに輝いたヒート。

ビッグ3解散後はゴールデンステイト・ウォリアーズが圧倒的な力を見せ、NBAを席巻するようになった。

ヒートを牽引したボッシュによると、当時のヒートは4年で解散したイングランド出身のバンド「クリーム」のようだったという。

ボッシュは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

我々がNBA史上どのような位置にいたのか考えた。

ウォリアーズのほうが、より王朝だったんじゃないかな。

我々はバンド「クリーム」のようだったと思う。

UK出身のクリームのことは知っているよね?

我々はクリームのようだった。

『僕たちは一緒にプレイするんだ。とてつもなく大きなことを一緒にやるんだ。4年間、4年間だけ』という感じさ。

クレイジーな時間だったよ。

あれを経験したと考えることさえクレイジーさ。

3人のスーパースターを揃えた当時のヒートは、まさに世界中で高い人気を誇った3ピースバンドであり、わずか4年で活動を終えたクリームと似ていると言えるかもしれない。

解散の理由に違いはあるものの、線香花火のように儚い美しさを放ったヒート王朝はこれからも語り継がれ、歴史の転換点には必ず名が挙がる

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA