【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレー「ドレイモンド・グリーンに謝罪したい」

チャールズ・バークレーは先日、「誰かにドレイモンド・グリーンの顔面を殴ってほしい」、「ドレイモンド・グリーンの顔面を殴りたい」と過激な発言をし、物議を醸しだした。

これに対し、グリーンは「殴りたいなら殴れ」と挑発。

バークレーはグリーンのこの反応を予想していなかったのかもしれない。

バークレーはグリーンの反応を受け、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「ドレイモンド・グリーンに謝罪したい。NBAプレイヤーと喧嘩するつもりではなかった。もし彼がそう受け取ったのなら、私は謝罪したい。言うべきではないことを言ってしまったからね。謝罪できる男でありたい。私が100%間違ってた」

これにより、バークレーとグリーンの論争は終了となるだろう。

とはいえ、バークレーはこれまでも過激発言をしているだけに、そのうちNBAプレイヤーをターゲットに口撃を仕掛けるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA