【スポンサーリンク】

ジョアキム・ノア「2012年のブルズは優勝できた」

デリック・ローズはレギュラーシーズンMVPに輝いた2010-11シーズン、シカゴ・ブルズはプレイオフ・カンファレンスファイナルまで進出した。

レブロン・ジェイムス率いるマイアミ・ヒートに敗れたものの、ブルズにとってさらなる飛躍を予感させるシーズンだったと言えるであろう。

だが、翌シーズンもプレイオフに進出したものの、ファーストラウンドで敗退。

当時、ブルズでプレイしていたジョアキム・ノアは、怪我がファーストラウンド敗退の最大の要因であったと考えているようだ。

ノアは2011-12シーズンのブルズを振り返り、次のようにコメント。NBC Sports Chicagoが伝えている。

「(トム・)ティボドーはザ・ベストであり、戦士だ。俺たちは良い関係を築いてた。怪我が狂わせたんだ」

「俺は彼らのことが大好きだった。俺たちは約束の地までもう少しのところまで来てた。だけど、到達できなかった。今怪我のことを振り返る、そしてうまくいかなかったことを話すのは、簡単なことだ。だけど、俺たちなら到達できた。もし怪我がなければ、タイトルに到達できただろう」

MVPのデリック・ローズとディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーのノアを擁したブルズだったが、プレイオフ初戦でローズが前十字靭帯を断裂して離脱。

さらにノアも負傷し、第8シードのフィラデルフィア・セブンティシクサーズにファーストラウンドで敗れた。

ノアにとっても、最も悔やまれるシーズンであっただろう。

怪我はゲームの一部であるとはいえ、当時のブルズにとって酷な仕打ちであったと言えるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA